葬式について

通常の流れどおり宗教色を出さずにやるお葬式

日本でのお葬式は仏式や神式、あるいはキリスト教式でも、通夜から葬儀・告別式、火葬という流れで進められるのが一般的ですが、この流れのまま宗教色を出さないでお葬式を行うことも可能です。
通夜、葬儀・告別式ともに何をしなければならないということはなく、さまざまなアレンジができます。
宗教色をまったく排除することもできますが、仏式やキリスト教式をアレンジした無宗教のお葬式でも構いません。
たとえば、僧侶を招かなくても、遺族や参列者の誰かが仏の教えを説き、朗読をして、その後全員で焼香するということも可能です。
読経も焼香もない葬式では成仏できないという親戚筋など無宗教に抵抗がある人がいる場合には、このような対応で仏式の雰囲気を少しでもだしておけば満足してもらうこともできます。
故人がキリスト教系の学校に行っていたのなら、全員で賛美歌を歌ってもいいですし、会場によっては通夜を立食パーティスタイルにして葬儀・告別式では遺族も含め参列者で楽器演奏を行うなどの演出も可能です。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.