葬式について

無宗教のお葬式における送る側の役割とは

宗教的儀礼には故人の冥福を祈り、死出の旅立ちを後押しするという役割があります。
つまり、故人が迷わずに死の国へ行くことができるように、仏や神に祈り、その力を借りてきたのが従来のお葬式の姿です。
しかし、無宗教でお葬式を行うとなれば、宗教的儀礼は行いませんから、送る側が死出の旅立ちの後押しをしなければなりません。
死出の旅立ちの後押しとは、故人がこの世へ未練をのこさず、安心して旅立てるように背中を押してあげることです。
送る側は別れを悲しむばかりでなく、長い間お疲れ様でしたというねぎらいの気持ちや今までありがとうという感謝の気持ちに添えて、これからは残されたもので助け合いって生きていくので安心して旅立ってほしいという気持ちをこめることが大切です。
言い換えれば、もうこの世の人ではないからあの世へ旅立つのですよという諭しを与えることが求められます。
故人の想い出は大切なものですが、それだけに目を向けていると送る側も送られる側も、お互いが幸せになることができません。
お葬式にはお互いが踏ん切りをつけるという意味もあるので、その雰囲気をかもし出すことが大事です。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.